web development

Strapiを再起動した後にコンテンツを編集する方法

strapi再起動すると、コンテンツを編集できなくなり、次のアラートが表示されます。

The autoreload feature is required to use this plugin. 
Start your server with strapi develop

正しい問題を解決するには、より詳細な情報が必要ですが、yarnstartを使用しているときに同じ問題が発生していまし yarn start 。代わりに、正しい構成で strapi を実行する yarn strapi dev

サーバーを実行してコンテンツを編集することができます。ただし、最初に本番ファイルとステージング server.json ファイルを変更して、次のものを含めようとしましたが、これは機能しませんでした。

"autoReload": {
  "enabled": true
},



私も同じ問題を抱えていました。 npx strapi dev を実行して修正しました。

プロジェクトの開発プロセスでは、APIのコンテンツをカスタマイズ(追加/削除/変更)するために、サーバーを開発モードで起動する必要があります。これは、npxtrapidevを介して行われます。ここにコマンドラインマニュアル全体があります。