genealogytree

genealogytreeへの入力準備

Genealogytreeのドキュメントには、セクション 7.1 (データベースの概念) に次のように記載されています。

コンテンツ製作者は直接的には人間でもよいが、より推定されるのは家系図作成プログラムのような機械である。ノードのコンテンツは、カンマで区切られたキー・バリュー・リストとして書き込まれる。このリストはデータベース・プロセッサによって処理され、その内容がフォーマットされる。

しかし、genealogytreeに適した形式で出力する家系図プログラムのコード例はないのでしょうか?genealogytreeを何度か使ってみて、その出力がとても気に入っているのですが、手書きの入力の場合だけです。今、GEDCOMファイル(系図データを交換するための最も普通のフォーマット)のデータを使いたいとき、genealogytreeに付属するGEDCOMファイルからデータをインポートするためのコード(実験的?)を覚えていると思ったのですが、私の記憶違い(あるいはもうない)のようです。

まあ、私が知っている限りでは、(現状では)使えるようなプログラムはないんですけどね。

個人的な使用のために、私は genealogytree 互換コードを出力するプログラムを持っていますが、それは GEDCOM に基づいておらず、公開には適していません。しかし、この情報は、自動化が機能する可能性があるという概念の証明として受け取ることができます.

私は、GEDCOM ファイル (一部の発端者を選択) を Genealogytree のソース コードに変換するソフトウェアが将来登場すること genealogytree 強く信じています。次のパスが表示されます。

  • 家系図プログラムからの直接エクスポート。私は、誰かがそのようなエクスポート モジュールを自分のソフトウェアに実装することを (弱い) 希望を持っていました (このフリー ツリーの描画を自分のソフトウェアに使用できます) が、まだわかりません。

  • 学生の論文としての gedcom2latex の実装。まあ、私はそれをやろうとする学生をまだ見つけていません(そして結果をフリーウェアまたはオープンソースとして提供します)。

  • あなたまたは考えている他の誰かによる gedcom2latex の実装:なぜこのツールが存在しないのですか?

  • gedcom2latex を実装。実際には、私には個人的な解決策があるので、それは必要ありませんが、永遠の栄光のためにそれをやりたいと思っています;-) この道をたどるのに十分な時間がありませんでした...

オープンソースの GEDCOM パーサーhttp://gedcom4j.orgにあり、 gedcom2latex に使用して、 genealogytree ソースとしてエクスポートされる内部ツリーを構築できます...




オープンソース ツール世代は、考慮する世代や含めるデータの種類を制限するなどのオプションを使用して、genealogytree 互換コードへのエクスポートを提供します(ミドルネームなし? 確かに! 離婚日なし? 好きなように! 画像なし? お好みで!)。必要な出力の作成に使用するLaTeX テンプレートを変更できます。

データベースはymlファイルで、GEDCOMのサポートはまだありません(しかし、技術的には開発可能でしょう)。

データベースの項目が1つの場合の例です。

- id: PachGerd1954
  gender: male
  name:
    first:
    - Gerd
    last: Pachowski
  birth:
    date: "1954-07-04"
    place: Bottrop
  mom: PachGise1921
  dad: PachDiet1919
  partners:
  - partner_id: "GöhlMela1954"
    marriage:
      date: "1975-07-01"
    divorce:
      date: "1990-03-09"

家系図データベースのエントリを生成しました。

g[%
id=PachGerd1954,
    rootnode%
]{
    sex = male,
    name = {%
            \pref{Gerd}\ %
        \surn{Pachowski}%
    },
    birth = {1954-07-04}{Bottrop},
        marriage- = {1975-07-01},
        divorce- = {1990-03-09},
}

ご意見・ご感想、MRを募集しています。

免責事項: 私は世代の著者です。