一覧 ファイルに色付けを保存するための Git Diff 出力




git diff 見やすく (8)

私はここで答えを見つけました: 特定のgitコマンドのカラー出力

-c color.ui=alwaysを任意のgitコマンドに渡すと、リダイレクト時に色づけが維持されます。 次に例を示しますgit -c color.ui=always status > file

diffを使って出力をファイルに保存することはできますか?

私はgit diff> filename.rtfをどのようにファイルに保存するのか知っていますが、私は色付けを保存したいと思います。


Answer #1

任意のカラー化された端末のテキストを許可する... git diffや他のブラウザから見ることができる...

sudo apt-get install aha  #  https://github.com/theZiz/aha

上記を使用してahaをインストールします。

git diff --color mysourcefile  | aha > ~/cool_colorized.html

firefox  ~/cool_colorized.html

Answer #2

Vimにはgit diffが美しく含まれています。


Answer #3

試してください:

git diff --color > foo.txt

その後の発行

cat foo.txt

Answer #4
git remote add -f b path/to/repo_b.git
git remote update
git diff master remotes/b/master > foo.txt

'* .txt'ファイルで抽出された相違点は、SublimeText2によって(View - > Syntax - > Diffを介して)設定することなく簡単に読み取ることができます。


Answer #5

GitHubにアップロードして、関連するコミットへのリンクを提供することができます。


Answer #6

SublimeText2の出力差分ファイルを開くと、差分色が表示されます。


Answer #7

@ Gabeの答えを広げる。

ansiからhtmlへのコンバータのbashスクリプトに出力をパイプし、その出力をhtmlファイルに送ることができます:

git diff --color|./ansi2html.sh > changes.html

もちろんhtmlはどんなブラウザでも見ることができ、出力はWindowsなどで読むことができます

ansi2htmlコードはこちらです: http://www.pixelbeat.org/scripts/ansi2html.sh ://www.pixelbeat.org/scripts/ansi2html.sh





git